FC2ブログ

2019-08

兆候なし - 2019.08.11 Sun

やはり、今日もシャネルの兆候はなしです(*^◯^*)

ピアノを弾いていると…

20190811210805998.jpeg


ご飯中は…

20190811210830fa2.jpeg


大きなお腹で、私の足元でヘソ天(^◇^;)

ママの足の置き場ないよ〜〜

でも、こうやってママのストーカーになってくれる=信頼関係が出来たという事なので御の字です。

元気な赤ちゃん産めるように頑張ろうね〜〜



超簡単絶品料理
チキンと夏野菜のオーブン焼き

20190811211225142.jpeg


海外生活長い近所のお友達に、
日本人でこれ作る人いないし、って言われましたが…
ほんとに⁇⁇

鳥もも肉にシーズニングソルトまぶしてニンニク乗せて、玉ねぎとズッキーニ4当分、トマトまるごと並べて、オーブに入れただけ。
調理時間5分ですね。あとはオーブンで20分。

これ、お魚でもポークでもいけます。

是非お試しください。


お問い合わせメールはこちらへ


⇩ランキング参加中です!
ポチッとお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村

本日予定日 - 2019.08.10 Sat

一応今日が病院から言われた予定日ですが…

交配をお願いしている病院は排卵から63日=交配から61日目が予定日だと言います。
近所のかかりつけの先生は交配から63日だと言います。

ですが、排卵から65日がほぼ今までの日数の感じです。
と言うことは、交配から63日なのですが、排卵日が特定されていない場合は予定日の特定は適当という事になります。

という事で、今回は排卵日は特定されているので私の予想では月曜日ではないかと思っています。

寝る時は私の横を確保するシャネル

20190810143415e36.jpeg


シャネルは悪ガキジャックがマウンティングしても怒らなくなりました。

先に威嚇しないといけないというトラウマがあったような気がします。
はじめの2日、私がそばにいてもピリピリした感じ。
次の2日みんながわやくちゃいる時は常に撫でて大丈夫よ〜〜怒ったらダメよ〜〜となだめ、威嚇しなくても大丈夫とわかって来た感じ。
次の2日、撫でてなくても私の声で、シャネル〜〜お利口さんね〜〜大丈夫よ〜〜で、私の顔見てアイコンタクトとって穏やかに過ごしています。
この心の変化はシャネル、うちの犬達、ボスである私皆同じように感じています。
空気が穏やかになっていってるのをシャネルは実感しています。

妊娠中だから慣れないところだからと言って、仕方がないと好き放題させておいたらどうなったか、毎日ピリピリした空気が流れ、ストレスかかえて、喧嘩するからと犬同士を分けたりすると、1人寂しく過ごす事になったり狭いハウスで過ごす事になったり、たまに一緒にするとまた喧嘩、これがオチです。
そしてこの状況は犬達だけでなく、飼い主にも大きなストレスがかかります。
で、負のスパイラル突入。

「怒ったら可哀想」で上記を選択するのは自由ですが、私はうちに来た子たちは皆と一緒に分け隔てなく穏やかに過ごせるように導きたいと思います。

シャネル、少しづつ手作りご飯に切り替え中

20190810152353199.jpeg


凄い食欲です^ ^


お問い合わせメールはこちらへ


⇩ランキング参加中です!
ポチッとお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村

犬は、コリーは賢い - 2019.08.08 Thu

さてさて、シャネルの更生計画はもうすでにほぼ成功です。攻撃(犬にだけで人間には忠実です)してはいけないという事がすでにわかり、我慢できるようになっています。
それが見受けられた時は必ず抱きしめて褒めまくる。
攻撃をやめるとこんなにいい事があるんだと分からせる単純な事です。
確信たる信頼関係を生み出すと言うことが最大の目的です。

お尻をにおわれた時に怒ることはありますが、嫌だという意思表示程度の威嚇なのでOK。
今度は嫌だと言っているのにしつこくする方が怒られます。

臨床心理士の方からメッセージ頂きました。
問題あるお子さんを見ておられますが、その大半は親に問題がある、同じですね!と。
ボスである親が、飼い主が毅然とした態度を一貫して示す事が彼らを正しい方向に導くことになります。
可哀想だから、嫌われるから、言っても分からないからなどの理由で怒らない=導かない、親たち。
まさしく犬の飼い主と同じです。

原因を探究せず結果を追求せず、今しか見ない、妊娠してるのに可愛そう、慣れてないのに可愛そう、過去も未来も意識できず我がの心を押し付けることしかできない飼い主は犬を飼う資格はありません。

犬達の、この子の真の幸せとは。真理を追求すると言う事ですが、これは全ての物事において意識する事が大切です。
この子達を真の幸せに導くと言う高い志があれば、何がフェイクか見分けもつくのではないでしょうか。

朝5時
ワンコ達のママおはよう、起きてアピールが始まります。
シャネルもしっかり特等席

201908080951498b7.jpeg


シャーロット…
この子は誰にでも怒られても怒られても好き好きしつこいくらいする子です…空気が読めないのか…

2019080809545066f.jpeg


でも、怒られそうになるとすぐにゴロンして降参、これすると絶対怒られない事をしってます(*^▽^*)空気は読める?
面白い子です^ ^



最近、私の念願が叶いました!

20190808101741d1f.jpeg


近所に飲み友達が欲しい!
運命が導いてくれたのか…なんと歩いて3分の所にsoul mateではないかと思えるほどの素敵なマダムとの出会いがありました。
洗練されたインテリアに掃除の行き届いた心地いい空間。
見習うことばかりです。

夕方ワンコの用事がたくさんあるので、お昼にシャンパン片手にピンポンです(≧∇≦)
アテは北海道からやって来た真っ赤なビーツ!
お友達に託したら美味しく仕上げてくれました〜〜
あー幸せ!

お問い合わせメールはこちらへ


⇩ランキング参加中です!
ポチッとお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村

怒りんぼシャネル - 2019.08.07 Wed

こんな優しいお顔のシャネルですが…

20190807082145369.jpeg


犬が嫌いなのか
単にワガママなのか

うちの子がそばに行っただけで怒ることがあります。それもかなり本気で。
で、怒られた方もびっくりして、ガウガウなると、我が家の犬達は仲間意識があるので止めようとしたり守ろうとしたりでわやくちゃになり、収集つかなくなる事数回。

止めに入って、シャネルの歯が当たり…

201908070826368d4.jpeg


私の親指、パンパンに腫れて使い物にならない状態。
とりあえず、抗生物質は飲んで塗り薬を塗って…
今は昨日よりはマシな感じになりました。
私にとって右手の指が使えない事はかなりの痛手…

が、噛み付いてはないにしても、歯を立ててるって事なので、犬でも歯が当たるだけでかなり痛いと思います。
と言う事で、人間と沢山の犬達と過ごすに当たってあるまじき行為。
シャネルの更生開始です。

とにかく様子をみて、目つきが変わった時点で注意、お口をヒクヒクさせたらかなり怒って、さらに攻撃したら羽交い締めです。
絶対に許さない態度をボスである私が示さないとだめかな、作戦。
昨日夜にはパパにもかなり怒られて、ちょっとわかってきた感じ。

そんなシャネルもエリックには優しい(^.^)
子犬だと言う事がちゃんとわかってるんですね。

201908070840358d7.jpeg


耳セット前にシャンプーされてヘソ天でお昼寝中。

基本はとっても優しいシャネルなので、だめな事はだめとすぐに分かってくれると思います。

気の抜けない二日間でした〜〜


お問い合わせメールはこちらへ


⇩ランキング参加中です!
ポチッとお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村

シャネルちゃまいらっしゃい - 2019.08.04 Sun

本日猛暑の中、シャネルが我が家入りしました!

2019080422464387b.jpeg


勝手知ったる我が家で、さっさと二階に上がってベットでお昼寝…

賢いですね〜〜

ちょっと我が家の群れにはすぐには入り込めてない感じですが、
お昼に来て、夜にはかなり慣れた感じ。
ボスはママですからねー

はい、私の言葉や指示で犬達の統制はとられます。
どんなボスの言う事に、犬達は信頼を置くか…

きっと、愛(*´ω`*)

フェイクではなく、本当の(*≧∀≦*)

本当の…これ、なにが本当か、難しいですね。
犬を可愛がっているようで、そうでない人は山ほどいます。でも、本人達は、可愛がっていると思っています。

真相は…
ワンコ達が教えてくれます(^^)


お問い合わせメールはこちらへ


⇩ランキング参加中です!
ポチッとお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BARKLEY KENNEL

Author:BARKLEY KENNEL
1960年代、名犬ラッシーに憧れコリーに魅了されました。BARKLEYとは、アメリカ、カリフォルニアにある広大な草原。この壮大な草原を優雅に走る美しいコリーを思い描き、50年に渡りブリーディングに取り組んできました。歴史あるBARKLEYのコリーとシェルティはショーで活躍するのみでなく家庭犬としても優雅で美しく気品ある最高のパートナーとして迎えていただける犬質を目指しています。

最新記事

カテゴリ

ブリーディングポリシー (1)
仔犬 (404)
BARKLEYの仲間たち (361)
子犬オーナー様募集 (13)
成犬オーナー様募集 (2)
ドッグショー (96)
トレーニング (1)
お知らせ (26)
その他 (98)
フィラリア薬について (1)
ワクチンについて (3)
トリミング (5)
リード (8)
手作りご飯レシピ集 (33)
手作りおやつレシピ集 (5)
栄養素について (6)
ドックフード (4)
ドッグラン計画 (4)
ハーブ (1)
薔薇 (2)
発情、排卵、交配について (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ