FC2ブログ

2021-04

犬にも漢方! - 2018.08.24 Fri

いつも色々と良きアドバイスをしてくださる大先輩からまたまた、興味深いものを教えてもらいました!

20180824181057084.jpeg


人に効く漢方がペットに効かないわけがないと言う始まり!ん〜〜楽しそう〜〜
腎臓や肝臓が弱った子は薬が飲めなくなりますが、漢方なら飲めます。

実は私の祖父は漢方医でした。生前祖父母とも内臓疾患は全くなく病気知らず、私も子供の頃から風邪を引いたら葛根湯など馴染みのある存在です。

私自身病院と薬は嫌いです。なので我が犬達も出来るだけ病院にはいかず薬も飲ませません。

無駄な検査に無駄な薬が大概です。

我が家にシャンプーに来る子で皮膚が荒れてる子は結構います。
長毛種にもかかわらずブラッシングを全くせず毛玉だらけで毛玉の下の皮膚が炎症起こしてたり、全体に皮膚炎になっている子もいます。
それは、食べ物なのか、ダニやホコリなのか、草花なのか、免疫の問題なのか、常在菌の問題なのか…

20180824203805216.jpeg


普通の皮膚炎なら、食事とシャンプーで治ります。ここに漢方も入れたらすごく良さそうです!
食事で腸内環境を整えることによって免疫力をアップさせ、外からのアレルギー物質を綺麗に取り除いてあげれば大概良くなります。
見るに耐えないような皮膚病だとステロイドの投薬も必要でしょうが、ステロイドはあくまでも症状を抑えるだけです。治るわけではありません。
副作用がきついので安易に使っては危険な薬です。


病院と薬だけに頼って何もしない(食事で工夫したり、マメにシャンプーしてあげたり)人は犬を飼う資格などありません。病院に行って薬を与えてる事がちゃんとした管理だと勘違いしてるようです。



お問い合わせメールはこちらへ


⇩ランキング参加中です!
ポチッとお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村



歯に傷! «  | BLOG TOP |  » 台風20号

プロフィール

BARKLEY KENNEL

Author:BARKLEY KENNEL
1960年代、名犬ラッシーに憧れコリーに魅了されました。BARKLEYとは、アメリカ、カリフォルニアにある広大な草原。この壮大な草原を優雅に走る美しいコリーを思い描き、50年に渡りブリーディングに取り組んできました。歴史あるBARKLEYのコリーとシェルティはショーで活躍するのみでなく家庭犬としても優雅で美しく気品ある最高のパートナーとして迎えていただける犬質を目指しています。

最新記事

カテゴリ

ブリーディングポリシー (1)
collies' field & cafe (5)
仔犬 (612)
BARKLEYの仲間たち (469)
子犬オーナー様募集 (16)
成犬オーナー様募集 (2)
ドッグショー (97)
トレーニング (1)
お知らせ (32)
その他 (117)
フィラリア薬について (1)
ワクチンについて (3)
トリミング (5)
リード (12)
手作りご飯レシピ集 (36)
手作りおやつレシピ集 (5)
栄養素について (6)
ドックフード (6)
ドッグラン計画 (32)
ハーブ (1)
薔薇 (3)
発情、排卵、交配について (3)
コロナ、緊急事態宣言! (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ