FC2ブログ

2021-05

フードのリコール - 2018.02.20 Tue

またまた、アメリカでドックフードのリコールです。
グレイビー・トレインと言う缶詰ですが、日本ではマイナーなフードなようで売っているのかわかりませんが、リコール理由が、安楽死に使われる薬剤が混入されたとのこと。
なるほどね…
これが何を意味するか。
安楽死させられた動物の肉を使っていると言うことです。さて、それはなんの肉か…
ご想像にお任せします。
そして、これはこのフードに限っての事ではないと言う事です。

フードの値段、プレミアムフードと言うものでも小袋は高いですが、大容量で買うと1キロ当たり大した金額ではないと思います。
お肉や野菜、栄養素を混ぜ合わせ加工して海外から郵送して業者がマージンとってこの値段⁈
材料費がいかに安いか少し考えればわかります。

ついでに他にリコールないか調べたら、これまた、サイエンスダイエットの一部商品も昨年末にリコールなってますね。いちいち調べないと知ることはないと言うことは他にもたくさんあると言う事…
10年ほど前も殺鼠剤混入でリコールなってましたね。
こんな会社のフードを未だに日本の獣医はオススメして売ってるし(どれだけ粗利がいいの⁈)、SNSで堂々と進めてる人もいるのには呆れます。
サイエンスダイエット神話説みたいなものはなかなか崩れないのが不思議。
それでもロイヤルカナンよりはましだと思ってますが。

昔のワンコは人間の残り物。ご飯に味噌汁かけて魚の骨とか乗せて…
美味しかったでしょうね^ ^


お問い合わせメールはこちらへ


⇩ランキング参加中です!
ポチッとお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村

トリミングウィーク «  | BLOG TOP |  » ホルモンの道

プロフィール

BARKLEY KENNEL

Author:BARKLEY KENNEL
1960年代、名犬ラッシーに憧れコリーに魅了されました。BARKLEYとは、アメリカ、カリフォルニアにある広大な草原。この壮大な草原を優雅に走る美しいコリーを思い描き、50年に渡りブリーディングに取り組んできました。歴史あるBARKLEYのコリーとシェルティはショーで活躍するのみでなく家庭犬としても優雅で美しく気品ある最高のパートナーとして迎えていただける犬質を目指しています。

最新記事

カテゴリ

ブリーディングポリシー (1)
collies' field & cafe (5)
仔犬 (618)
BARKLEYの仲間たち (480)
子犬オーナー様募集 (16)
成犬オーナー様募集 (2)
ドッグショー (97)
トレーニング (1)
お知らせ (32)
その他 (119)
フィラリア薬について (1)
ワクチンについて (3)
トリミング (5)
リード (12)
手作りご飯レシピ集 (37)
手作りおやつレシピ集 (5)
栄養素について (6)
ドックフード (6)
ドッグラン計画 (32)
ハーブ (1)
薔薇 (3)
発情、排卵、交配について (3)
コロナ、緊急事態宣言! (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ