FC2ブログ

2021-05

三連続手術。・°°・(>_<)・°°・。 - 2017.04.10 Mon

我が家のコッカーズ3匹



今年に入って順番に手術でした(>_<)



右 オレンジローンのイーナ。

ヒート後の調子がどうも良くないので、検査。
思った通りで、子宮と卵巣の摘出と乳腺除去をしましたが、術後の状態もいまいちで一週間入院…

今は元気になりました(^^)

左 ブルーローンタンの ロディ。

本日、抜歯の手術。

ロディはアジソン病(副腎皮質機能低下症)なので、手術も気を使うのですが、一本、歯が変色して歯茎も上がってきたので、若いうちにとっておきました。痛いようで元気ないです(>_<)歯茎からまだ出血しています。


ブラックタンのレイディ。



7日に口唇形成手術を受けました。
下唇の重なり部分が常に化膿して、グチュグチュしているので、その重なり部分を切り取りました。
術後の状態は非常にいい感じで、ドクターの技術の良さを感じます。

さて、予約の手術にもかかわらず、どこの病院も朝は診察順、夜の引き取りも診察順と長時間待たされます。

何故手術の患者を外来と同じにするのか…
不思議です。

飼い主と言うより、手術が必要なワンコは長時間に渡り疲労やストレスがかかるのに、何故フィラリアの薬や予防注射の患者と同じにするのか…
ん〜〜

ムートンに乗せるとむしるので、みんな下向きです(^^;;





お問い合わせメールはこちらへ


⇩ランキング参加中です!
ポチッとお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村

嬉しいお知らせ! «  | BLOG TOP |  » グレたん頑張れ!

プロフィール

BARKLEY KENNEL

Author:BARKLEY KENNEL
1960年代、名犬ラッシーに憧れコリーに魅了されました。BARKLEYとは、アメリカ、カリフォルニアにある広大な草原。この壮大な草原を優雅に走る美しいコリーを思い描き、50年に渡りブリーディングに取り組んできました。歴史あるBARKLEYのコリーとシェルティはショーで活躍するのみでなく家庭犬としても優雅で美しく気品ある最高のパートナーとして迎えていただける犬質を目指しています。

最新記事

カテゴリ

ブリーディングポリシー (1)
collies' field & cafe (5)
仔犬 (618)
BARKLEYの仲間たち (480)
子犬オーナー様募集 (16)
成犬オーナー様募集 (2)
ドッグショー (97)
トレーニング (1)
お知らせ (32)
その他 (119)
フィラリア薬について (1)
ワクチンについて (3)
トリミング (5)
リード (12)
手作りご飯レシピ集 (37)
手作りおやつレシピ集 (5)
栄養素について (6)
ドックフード (6)
ドッグラン計画 (32)
ハーブ (1)
薔薇 (3)
発情、排卵、交配について (3)
コロナ、緊急事態宣言! (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ