FC2ブログ

2021-04

生と死と魂 - 2020.07.01 Wed

生と死は表裏一体

生きとし生けるものは全て死に向かって生きています。

子育てしてて赤ちゃんがミルクをごくごく飲んでくれる時が1番嬉しい時。
飲まないと、どこか悪いのか、このまま飲まなかったらどうしようと考えてしまいますが、飲んでも飲まなくても、どちらも死に近づいている事は間違いない…

何か良くない事が起ころうとしている時、全ては運命で決まってると、心落ち着かせて受け入れる準備をします。

私は身体と魂は別だと思っています。
もちろん人間も。

体は機械と同じ、古くなればいつかは使えなくなる、故障もすれば壊れてしまうことも。元々どこか調子が悪いことも。

犬達の誕生や死を見ていると、勝手な私の想像ですが、
生まれた瞬間口をパクパクさせて産声を上げた時、魂が宿るのだと思ってます。そして、亡くなる時も少し苦しそうに口が動きます。その時に魂が抜けるのだと。

抜けた魂は天国なのか宇宙なのか…それは言葉で表している「場所」であり、それは誰も見た事を覚えていない所。
そこに一旦帰って、また、頃合いを見て「神様」と称する何か大きな力によってまた、この世に帰ってくるのではないかと。

キューブのような特別な子は、その生まれ変わりの回数が格段に多いのではないか、という風に思います。
(犬は犬として生まれ変わるという前提で…)

魂は今世の経験を生かしていつかレベルアップし、この世に帰ってくる、と思うと残されたものの気持ちが少し楽になりますね。

ただあまりに早すぎる死は、なぜこんな試練が与えられなければならなかったのか…
世の中は全てバランスで保たれています。 
そのために、必要であったであろう運命なのでしょうが、神のみぞ知る事なのか…
悟りを開いた方ならわかるのか…
いつか、私もわかるようになるのか…

魂の宿った小さな命をどう守ってどう今世を活かせるよう育てるか、毎回試行錯誤です。

楽しいことと嬉しいことと、悲しい事と辛い事と、ちゃんとバランスが取れてますね。

そんな枕されたら下の子苦しいよ〜

20200701170950d46.jpeg



お問い合わせメールはこちらへ


⇩ランキング参加中です!
ポチッとお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村

つらい選択 «  | BLOG TOP |  » ジュピターの容体

プロフィール

BARKLEY KENNEL

Author:BARKLEY KENNEL
1960年代、名犬ラッシーに憧れコリーに魅了されました。BARKLEYとは、アメリカ、カリフォルニアにある広大な草原。この壮大な草原を優雅に走る美しいコリーを思い描き、50年に渡りブリーディングに取り組んできました。歴史あるBARKLEYのコリーとシェルティはショーで活躍するのみでなく家庭犬としても優雅で美しく気品ある最高のパートナーとして迎えていただける犬質を目指しています。

最新記事

カテゴリ

ブリーディングポリシー (1)
collies' field & cafe (5)
仔犬 (612)
BARKLEYの仲間たち (469)
子犬オーナー様募集 (16)
成犬オーナー様募集 (2)
ドッグショー (97)
トレーニング (1)
お知らせ (32)
その他 (117)
フィラリア薬について (1)
ワクチンについて (3)
トリミング (5)
リード (12)
手作りご飯レシピ集 (36)
手作りおやつレシピ集 (5)
栄養素について (6)
ドックフード (6)
ドッグラン計画 (32)
ハーブ (1)
薔薇 (3)
発情、排卵、交配について (3)
コロナ、緊急事態宣言! (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ