FC2ブログ

2019-12

ドッグラン計画 - 2019.10.07 Mon

やっと明日から着工!

20191006210345d56.jpeg


役所関係手続き、なんでこんなに時間がかかるのか全く不明ですが、やっとやっと着工です。
年内には完成してくれることを願うばかり。

さて、昨日は点と点が線で繋がる出来事があり、またこれからもどんどん線が繋がっていくような予感が…

200年前のピアノ

20191006232416a5a.jpeg


1820年制のプレイエル(メーカー名)です。
まさに、ショパンが弾いていた音を奏でる古楽器。
もちろん、みるのも聞くのも初めて。

このピアノを使ったオールショパンコンサートに行ったのですが、ショパンが奏でた音と思うだけで感動ものでした。

演奏が始まって…とても柔らかく暖かい音、楽器のせいなのかいつもよりピッチが低く聞こえます。

古楽器だからなのかなぁと、思っていましたが、後半始まってもやはり低く聴こえる。

ん〜〜気になる…もやもやしながらコンサートホールを出たら、すでに使われていたピアノ、プレイエルが搬出されています。
もしやと思い覗いてみると調律師らしき人が!
友達が聞きに行こう!と言ってくれたので作業中の中、お声がけさせて頂きました。

そして、今日の調律は普通のピアノよりピッチが低いですか?と聞いたところ、ビックリされた表情。

よく分かりましたね!それに気づいた方は今までにいないんじゃないかなぁ。
と…

ほう、面白い!絶対音感を音楽家以上に持っているであろう調律師の方ですら、気づいたことがない⁇
なのに、素人の私がわかった?
いったい、私の耳に何が起こったのか…

そして、その調律師の方、世界一の名器、ホロヴィッツのオールドスタインウェイ始め数々の素晴らしいピアノを所有するスタジオのオーナー。
今日のプレイエルももちろんその方の名器。

話が弾んで、プレイエル始め、ホロヴィッツのスタインウェイをスタジオに弾きに来てくださいと!!!!
もちろん東京ですが。

間違いなく、素人が触れるものではなく、何かの機会にピアノのボディに触れることが万が一あったとしても、音を出せることなど皆無。

その名器たちの音を出して、しかも、弾いてもいいとか、ありえない〜〜

ことが起こり、ハイになっております。

いつ、行けることになるのか…

それまでにレパートリー増やさなくては!です。



お問い合わせメールはこちらへ


⇩ランキング参加中です!
ポチッとお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村

音楽は神様からの贈り物 «  | BLOG TOP |  » 10月に入り…

プロフィール

BARKLEY KENNEL

Author:BARKLEY KENNEL
1960年代、名犬ラッシーに憧れコリーに魅了されました。BARKLEYとは、アメリカ、カリフォルニアにある広大な草原。この壮大な草原を優雅に走る美しいコリーを思い描き、50年に渡りブリーディングに取り組んできました。歴史あるBARKLEYのコリーとシェルティはショーで活躍するのみでなく家庭犬としても優雅で美しく気品ある最高のパートナーとして迎えていただける犬質を目指しています。

最新記事

カテゴリ

ブリーディングポリシー (1)
仔犬 (451)
BARKLEYの仲間たち (368)
子犬オーナー様募集 (13)
成犬オーナー様募集 (2)
ドッグショー (96)
トレーニング (1)
お知らせ (27)
その他 (99)
フィラリア薬について (1)
ワクチンについて (3)
トリミング (5)
リード (8)
手作りご飯レシピ集 (34)
手作りおやつレシピ集 (5)
栄養素について (6)
ドックフード (4)
ドッグラン計画 (7)
ハーブ (1)
薔薇 (2)
発情、排卵、交配について (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ