FC2ブログ

2020-07

子犬達〜 - 2020.07.12 Sun

もうすぐ1ヶ月!
元気いっぱいのちびっ子達。

我が家の姫様候補とトライ坊ちゃま^ ^

202007122038292e8.jpeg



トライ姫


20200712203851f31.jpeg


女子二匹

20200712203900535.jpeg


よく似たブルー2匹〜

20200712203914622.jpeg


色々あった子育て。
その分可愛さ倍増です〜



お問い合わせメールはこちらへ


⇩ランキング参加中です!
ポチッとお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村

成功率90%! - 2020.07.09 Thu

この度の赤ちゃん達、おトイレの成功率早くも90
パーセント位です!
本日生後24日。

20200709162409183.jpeg


オシッコシートにおしっこいっぱい^ ^

いつもはこの時期50〜60%ぐらいの成功率だと思います。
なので超優秀〜

いつもより体は小さい赤ちゃん達ですが 
脳はしっかり発達してますね!
小さな体で起きたらヨチヨチ歩いて
オシッコシートにまで行って、チーってする姿は
例えようもない可愛さです(//∇//)


お問い合わせメールはこちらへ


⇩ランキング参加中です!
ポチッとお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村

居残り組? - 2020.07.08 Wed

我が家の居残り組になる予定

2020070822343170a.jpeg


生まれて、3日目ぐらいにはこの子かなぁって思ってましたが〜

多分そうなるかな⁇

お目目も希望の両黒目。

あ、みんな両黒目です!

ウェンディがブルーアイを産むとはあまり想像できず…
当たりです^ ^


お問い合わせメールはこちらへ


⇩ランキング参加中です!
ポチッとお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村

病理検査の結果 - 2020.07.07 Tue

ジュピターの皮膚組織の検査結果が出ました。

「若年性フレグモーレ」ではないかという事です。
(多分確定ではないけどおそらくそうではないかと言ったニュアンス)
もちろん聞いたこともない病気…
そして、大きな病院のドクターも遭遇した事がない病気…

ネットで検索してもあまり情報はありません。

免疫異常による細菌感染だそうです…

赤ちゃんは普通病気にはなりません。それがなんだかの理由で免疫力が極端に無く、細菌に侵され、それがリンパ節まで侵入して合併症を起こし、死に至った、という見解です。

そして、検査して良かった点は、遺伝病ではないという事。そして、伝染するものでもない。
なので他の赤ちゃんたちが遺伝子を持ってるとか、移ると言ったことはありません。それも心配でした。
病理検査をして本当によかったです。

ウェンディの高齢が原因なのか、たまたまの変異なのか、原因はわからないとのことですが、
通常(生後三週以降)なら、発病しても抗生剤またはステロイド投与で治るものが、あまりに早い段階で発病したため、他の施しようがなくなったのではないかとのことです。

あくまでも全て憶測ですが、たまたま、お口の奇形と重なり、初日ミルクが飲めなかったことで体力が落ち、免疫力がさらに落ちてしまった。
帝王切開のため、すぐに母乳が飲めなかった。
が、思い当たります。

こんな事が重なることなんて…
でも、実際起こった事は間違いない…

何が起こるか分からない出産子育て。
今後も身を引き締めて、管理したいと思います。

沢山の励ましのお言葉ありがとうございました。



お問い合わせメールはこちらへ


⇩ランキング参加中です!
ポチッとお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村

パパっ子セリーヌ - 2020.07.06 Mon

セリーヌちゃんは何故か、パパっ子。
パパが帰ってきたらずっと着いて歩いて、食卓につくとパパの足元で寝んね。

そう言えばお迎え行った時も、私ではなくまずパパの方に行きました!

面白いなぁ〜

20200706163333d06.jpeg


少し、お腹が大きくなってきました^ ^

毎日雨でスッキリしない日ばかりですが…
梅雨が明けたら夏日になるし…管理の難しい時期です。

トライ母娘

ママのペロペロは気持ちいい〜

202007061635438a9.jpeg


ほげ〜

202007061636292d3.jpeg


至福の時

20200706163658249.jpeg


149gだったヴィーナスちゃん
900gになりました。
もう6倍!

202007061637201b3.jpeg


子犬の成長ぶりにはいつも感心させられます^ ^


お問い合わせメールはこちらへ


⇩ランキング参加中です!
ポチッとお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BARKLEY KENNEL

Author:BARKLEY KENNEL
1960年代、名犬ラッシーに憧れコリーに魅了されました。BARKLEYとは、アメリカ、カリフォルニアにある広大な草原。この壮大な草原を優雅に走る美しいコリーを思い描き、50年に渡りブリーディングに取り組んできました。歴史あるBARKLEYのコリーとシェルティはショーで活躍するのみでなく家庭犬としても優雅で美しく気品ある最高のパートナーとして迎えていただける犬質を目指しています。

最新記事

カテゴリ

ブリーディングポリシー (1)
collies' field & cafe (2)
仔犬 (498)
BARKLEYの仲間たち (416)
子犬オーナー様募集 (14)
成犬オーナー様募集 (2)
ドッグショー (97)
トレーニング (1)
お知らせ (28)
その他 (106)
フィラリア薬について (1)
ワクチンについて (3)
トリミング (5)
リード (9)
手作りご飯レシピ集 (35)
手作りおやつレシピ集 (5)
栄養素について (6)
ドックフード (4)
ドッグラン計画 (32)
ハーブ (1)
薔薇 (3)
発情、排卵、交配について (3)
コロナ、緊急事態宣言! (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ