FC2ブログ

2019-10

音楽は神様からの贈り物 - 2019.10.11 Fri

我が家の姫様は順調にお腹が大きくなってきております。

2019101108365329a.jpeg


ライオンのオスは自分の子供がわかると言いますが、犬もわかるのかな⁇

2019101108375559c.jpeg


ライオンは群れで生活して、ボスの子を産むからわかるのかな?としたら犬は微妙…少し自然の掟とは違う繁殖だし。まさか、匂いでわかるとも思えないし。
ジャックの反応が楽しみです。

さて、私は音楽にどっぷり浸かった毎日を過ごしていますが、佐渡裕さん(有名な一万人の第九の指揮者)の著書「棒を振る人生」の中から少し。

タイトルにも書いた、音楽は神様からの贈り物、まさに共感できる言葉で、佐渡さんは、「人間はなんと言う素晴らしい感性を宿しているのか、素晴らしい音の世界に身を置ける、その瞬間を味わえた人は本当に幸せだ」と。一人でも多くの方に、本当の幸せ、を体験して欲しいと、この体験をした人間は思うのです。
私もその一人。

クラシックに馴染みのない方も多いと思いますが、1番有名な第九を例にとると、一万人が毎年抽選になる程の参加者です。天災が起こるとチャリティーコンサートでもよく演奏されます。その演奏と祈りは人に勇気を与える。何が人をそんなに魅了するのか…
音楽は時代、人種関係なく通ずる全世界共通言語です。ベートーベンは今後地球が存在する限り誕生する全人類全生命に向けて愛と喜びを残しました。偉業という言葉では足らないことだと思います。
もちろんそこに到達するまでの苦悩や試練を表現しての最後の歓喜。
ベートーベン自身、苦悩の人生であったと言われています。それでも、全ての人の平和を願って音楽に託したのだと。
また、ベートーベンに限らず、作曲家は音楽を通して生と死、愛と哀しみ、苦悩と歓喜、絶望と幸福と言う人の感情を表現しています。
そんなあたりを意識して、クラシックでも聞いてみようかなぁと思っていただけたら幸いです。

我が家のコリーズもちゃんと聞いてますよ!
いつもと違うフレーズが流れたりするとスピーカーに駆け寄ったりします^ ^


お問い合わせメールはこちらへ


⇩ランキング参加中です!
ポチッとお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村

ドッグラン計画 - 2019.10.07 Mon

やっと明日から着工!

20191006210345d56.jpeg


役所関係手続き、なんでこんなに時間がかかるのか全く不明ですが、やっとやっと着工です。
年内には完成してくれることを願うばかり。

さて、昨日は点と点が線で繋がる出来事があり、またこれからもどんどん線が繋がっていくような予感が…

200年前のピアノ

20191006232416a5a.jpeg


1820年制のプレイエル(メーカー名)です。
まさに、ショパンが弾いていた音を奏でる古楽器。
もちろん、みるのも聞くのも初めて。

このピアノを使ったオールショパンコンサートに行ったのですが、ショパンが奏でた音と思うだけで感動ものでした。

演奏が始まって…とても柔らかく暖かい音、楽器のせいなのかいつもよりピッチが低く聞こえます。

古楽器だからなのかなぁと、思っていましたが、後半始まってもやはり低く聴こえる。

ん〜〜気になる…もやもやしながらコンサートホールを出たら、すでに使われていたピアノ、プレイエルが搬出されています。
もしやと思い覗いてみると調律師らしき人が!
友達が聞きに行こう!と言ってくれたので作業中の中、お声がけさせて頂きました。

そして、今日の調律は普通のピアノよりピッチが低いですか?と聞いたところ、ビックリされた表情。

よく分かりましたね!それに気づいた方は今までにいないんじゃないかなぁ。
と…

ほう、面白い!絶対音感を音楽家以上に持っているであろう調律師の方ですら、気づいたことがない⁇
なのに、素人の私がわかった?
いったい、私の耳に何が起こったのか…

そして、その調律師の方、世界一の名器、ホロヴィッツのオールドスタインウェイ始め数々の素晴らしいピアノを所有するスタジオのオーナー。
今日のプレイエルももちろんその方の名器。

話が弾んで、プレイエル始め、ホロヴィッツのスタインウェイをスタジオに弾きに来てくださいと!!!!
もちろん東京ですが。

間違いなく、素人が触れるものではなく、何かの機会にピアノのボディに触れることが万が一あったとしても、音を出せることなど皆無。

その名器たちの音を出して、しかも、弾いてもいいとか、ありえない〜〜

ことが起こり、ハイになっております。

いつ、行けることになるのか…

それまでにレパートリー増やさなくては!です。



お問い合わせメールはこちらへ


⇩ランキング参加中です!
ポチッとお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村

10月に入り… - 2019.10.02 Wed

エリック〜〜
こんな気持ち良さそうなところをお散歩させてもらってます^ ^
横にいるのはジャックラッセルのお姉ちゃん。
いっぱい遊んでもらってるようで、幸せエリックです(*≧∀≦*)

201910020956387ac.jpeg


グレイスとジャック

20191002095358202.jpeg


走り回って草むら入ってひっつき虫だらけ…
は〜〜取るの大変なのに〜〜

秋はこのひっつき虫はじめ草のベタベタが着くので、シャンプーしてもすぐにサラサラ感無くなります(T ^ T)

週末は、初のサロンコンサートに2つ!

1つはカフェで、1つは個人のお宅で。

20191002100827f13.jpeg


アーティストはもちろん山本貴志さん。
そして、同期の佐藤卓史さんとの連弾でした。

サロンコンサートは間近で素晴らしい演奏が聴けて終わった後もアーティストの方とお話しできるアットホームな雰囲気でとても素敵でした。

ピアニスト紹介
佐藤卓史さん、東京藝術大学を首席でご卒業後、ドイツで学ばれ、数々のコンクールで1位の成績を残されている、活躍中のピアニスト。

ご縁あって今月半ばに佐藤さんのレッスンを受けれることになりました。
シャーちゃんの出産前で良かったです^ ^

豊田美術館も行ってきました!

20191002111754427.jpeg


クリムト展、沢山の人でビックリ!
素晴らしかったので、残りわずかの期間ですが是非足を運んでみてください〜〜


お問い合わせメールはこちらへ


⇩ランキング参加中です!
ポチッとお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村

シャーロット順調です。 - 2019.09.28 Sat

娘の引越しも終わり…寂しくなりました。

娘の部屋は…ワンズに使ってもらうかな。

お姉ちゃん帰ってこないよ〜〜

20190928161419a74.jpeg


クローゼットにベット置いたら早速

20190928161427a07.jpeg


シャーロット、もうお腹が出て来てちょっといつもと違う様子^ ^
小さいシャーちゃんに何匹入ってるの〜〜

9月のワイン会も安定の美味しさ

20190928162156db1.jpeg


エミリアロマーニャ州
よく見たら全部炭水化物でした(^^;)

芸術と食欲の秋

国立美術館でウィーンモダン展してます。

クリムトのエミーリア

20190928162436480.jpeg


圧倒的存在感でした。

お昼スパニッシュで出てきたお魚

20190928162619837.jpeg


エスカベッシュ風でさっぱり
早速お家で再現〜〜

20190928162717a21.jpeg


こっちのが好みだったりする(≧∀≦)

レパートリー入りです!



お問い合わせメールはこちらへ


⇩ランキング参加中です!
ポチッとお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村

男の子と女の子 - 2019.09.25 Wed

バークレイにご予約して下さるお客様ですが、圧倒的に女の子指定が多いです。

ほとんどの方が女の子しか飼ったことがない、前回女の子だった今いる子が女の子だからと言う理由のようです。

そして、よく違いを聞かれますが…

男の子は、まず女の子より大きくなります。そして毛量も多く見栄えがして立派です。
性格は甘えたさんで優しく、オスメス両方飼われた方は男の子の方が可愛いと言います。

女の子はサイズは小ぶりで毛量もオスほどありませんがコートの生え変わりが男の子より多いため換毛期に向けての抜ける量は凄いです。
性格は割と自立心があり、気がきつい面もあります。
やられてやり返す、のは女の子ですね〜〜
男の子はしゅんとします。

そして、女の子同士、男の子同士より、オスメスの方が仲良くなる感じです。


エリック〜〜

20190925084136e61.jpeg


エリックのオーナー様も初め女の子ご希望でしたが、このような理由で、男の子のエリックを迎えて下さいました。
男の子を迎えた感想は…
特に男の子だからどうとかは全くなく、とにかく吠えない、呆れるほどご飯を食べてくれると言うことで、とっても楽だと言う事です^ ^
おトイレも足を上げずちゃんと
シートでしてるようです^ ^たまの失敗はあるようですが…

性格の違いが出てくるのは1歳当たりかなぁ。
体が大きい分少し激しさを感じますが、コリーは他の大型犬に比べたら、大人しく飼いやすい犬種です。

でも、躾はオスであろうとメスであろうと、コリーであろうと必要ですが!!

という事で、色目は好みがあるかと思いますが、オスメスこだわらずにお考え下さると嬉しいです。


お問い合わせメールはこちらへ


⇩ランキング参加中です!
ポチッとお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BARKLEY KENNEL

Author:BARKLEY KENNEL
1960年代、名犬ラッシーに憧れコリーに魅了されました。BARKLEYとは、アメリカ、カリフォルニアにある広大な草原。この壮大な草原を優雅に走る美しいコリーを思い描き、50年に渡りブリーディングに取り組んできました。歴史あるBARKLEYのコリーとシェルティはショーで活躍するのみでなく家庭犬としても優雅で美しく気品ある最高のパートナーとして迎えていただける犬質を目指しています。

最新記事

カテゴリ

ブリーディングポリシー (1)
仔犬 (417)
BARKLEYの仲間たち (366)
子犬オーナー様募集 (13)
成犬オーナー様募集 (2)
ドッグショー (96)
トレーニング (1)
お知らせ (27)
その他 (99)
フィラリア薬について (1)
ワクチンについて (3)
トリミング (5)
リード (8)
手作りご飯レシピ集 (33)
手作りおやつレシピ集 (5)
栄養素について (6)
ドックフード (4)
ドッグラン計画 (5)
ハーブ (1)
薔薇 (2)
発情、排卵、交配について (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ